症状別 インピンジメント症候群
TOP > 症状別 > インピンジメント症候群
こんな悩みありませんか?
①腕を上げた際に痛みがでる
②腕を上げていくと引っかかる感じがして痛みが出る
③夜寝ているとズキズキ痛くて目が覚める
④真横に腕を上げていくと特定の角度で痛みが出る
⑤肩を動かすと「ゴリゴリ」などの音がする
インピンジメント症候群とは
インピンジメント症候群とはどういったものなのでしょうか。
まず、インピンジメントとは「衝突」や「挟まる」といった意味です。
肩関節は体のどの関節より可動範囲が広くなるよう作られています。
その分、関節自体の安定性は他と比べてもとても不安定になっています。

その中でも「ローテーターカフ(回旋腱板)」と呼ばれるインナーマッスルが肩関節を包み込んで安定させる役割をしています。
さらに肩関節には「滑液包」と呼ばれるクッションが骨と筋肉の間にあり、ローテーターカフの保護をしたり動きやすくしています。

インピンジメント症候群とは、肩を動かした際にローテーターカフや滑液包が肩関節で衝突したり、
挟まることで肩に炎症や痛みを引き起こしてしまう状態をいいます。
インピンジメント症候群の原因
多くの場合、急に痛めるというよりも徐々に負担が蓄積し発症します。

肩を酷使するスポーツ(野球、テニス、バドミントン、バレーボール)や日常的に肩を上げる作業が多い職業などが筋肉や靭帯を損傷しやすいです。
他にも、加齢によりローテーターカフの柔軟性が低下したり、猫背などの悪い姿勢で生活していると、筋肉や靭帯を損傷してしまう場合もあります。

もちろん、転倒や転落などの瞬間的な負荷による損傷もあります。
稀に、生まれつき肩の骨が変形している場合や、骨棘と呼ばれる棘が骨にできてしまっている事でも起こります。
治療の流れ
肩の状態によって治療の流れも変化していきます。
また、治療院ごとにインピンジメント症候群へのアプローチは様々であり、
多くの治療法が存在しています。

しかし、どんなに良い治療も途中でやめてしまっては意味がありません。

まずは自分に合っていそうな治療法や​、治療院の雰囲気などを比較して、しっかり最後まで治療をやり遂げることがインピンジメント症候群の根治、再発防止に重要なのです。

当院にご来院された際にどのような治療を行うのか参考までにご確認ください。
肩に炎症が確認された場合
①まずは患部の状態や受傷した原因を把握するため、カウンセリングや動きの検査などを行います。

②ベッドでのうつ伏せが可能な場合、骨盤のゆがみをチェックしオリジナル骨盤調整により体の余計な緊張を取り除きます。

③さらに整体マッサージで緊張した筋肉を緩めていきます。
炎症が確認された場合は、患部のマッサージはせずに周囲の筋肉を緩めていきます。
(炎症部へのマッサージは、血流の増加により痛みや炎症を強めてしまう可能性があります)

④ある程度筋肉が緩んだら、患部に対して【鍼灸】【ハイボルテージ療法】を行います。
鍼灸やハイボルテージ療法は炎症・痛みの抑制に非常に効果的です。

⑤炎症が引いてくるまでの数日間は安静をおすすめします。
どうしても負担が減らせないという方には必要に応じて【テーピング】を行います。

⑥治療後はご自宅でアイシングなどのケア、腰の負担を減らす動作の指導なども行います。
炎症が確認されない場合
①まずは患部の状態や受傷した原因を把握するため、カウンセリングや動きの検査などを行います。

②ベッドでのうつ伏せが可能な場合、骨盤のゆがみをチェックし【オリジナル骨盤調整】により体の余計な緊張を取り除きます。

③整体マッサージで腰や脚など、下半身を中心に張りの強い筋肉を緩めていきます。

④ある程度筋肉が緩んだら、姿勢が特に悪い方は【猫背矯正ストレッチ】をおすすめします。
骨盤のゆがみや腰の筋肉の硬さが強い方は【鍼灸】【ハイボルテージ療法】がおすすめです。

⑤治療後はご自宅でのストレッチやケアの仕方の指導を行います。